......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

おいしくなれ「寒ざらしそば」 伊那・高遠で昨年の倍仕込み
2015/01/21 11:27
高遠「寒ざらしそば」

 主に伊那市高遠町のソバ生産者、加工業者、そば店でつくる高遠そば組合は大寒の20日、同市長谷の粟(あわ)沢川で「寒ざらしそば」の仕込みをした。江戸時代に高遠藩が「暑中信州寒晒蕎麦」として将軍に献上したと伝わることなどから、寒ざらしそばのルーツは高遠と考え、3年前に復活させた。今年は、昨年の倍に当たる90キロのソバの実を網に入れ、清流に浸した。

 組合員5人が、積もった雪をかき分けて沢に向かった。気温は氷点下2度で、沢の水温は1度。長谷から高遠町にかけての谷一帯を指す「入野谷」産のソバの実を大小計12の網袋に入れ、水中にとどまるよう綱で木にくくった。

 立春の2月4日に引き上げ、1週間ほど天日干しする。冷たい水や風にさらすことで保存性が高まるほか、通常のそばより甘味が強く、食感ももちもちするという。

 昨年、加盟店で試験的に提供した。今年は6月ごろに500〜600食を提供する予定。飯島進組合長(61)は「上品な味で評価ももらっている。伝統に基づく製法で活動を展開していく」と話した。

写真説明:ソバの実が入った網袋を清流に浸す組合員


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊