......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

「煮こじ蕎麦」本格登場 佐久市内10店で各々のスタイル
2014/12/25 11:11
佐久「煮こじ蕎麦」

 佐久市内のそば店など10店が25日、佐久商工会議所(佐久市)の呼び掛けで開発した「煮こじ蕎麦(そば)」の提供を本格的に始める。佐久地方の郷土料理で、大根、ニンジン、さつま揚げなどを使ったしょうゆ味の煮物「煮こじ」と、そばを合わせた新しい「地域の食」。旧中山道の観光資源として期待される。同商議所は、愛称ロゴとキャラクターのデザインも募集中だ。

 煮こじは、冠婚葬祭の寄り合いなどで、材料を持ち寄って作る。佐久商議所は旧中山道の観光資源にしようと、2年ほど前から市内のそば店などに声を掛け、煮こじを使ったご当地そばの開発に力を入れてきた。提供する店によってスタイルが違い、そばに煮こじをかけるか、そばと煮こじを別盛りにして食べる。

 同市中込のそば店「蕎麦処(どころ)いろは」は、温かいかけそばや冷たいぶっかけそばに煮こじをかけて出す。店主の真田美城(みき)さん(43)によると「一般に食べられている煮こじをかけただけでは駄目だった」。大根やニンジンを細かく刻み軟らかめに煮て、そばと絡むように工夫。1年ほど前から店で提供し、客の反応を見ながら工夫を重ねた。

 愛称ロゴとキャラクターデザイン募集は来年1月13日まで。そばちょこがもらえるスタンプラリーを2月15日まで開く。詳しくは同商議所(電話0267・62・2520)へ。

写真説明:「蕎麦処いろは」で出す煮こじ蕎麦


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊