......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

チタン製のそば用箸 諏訪の企業グループ、受注販売へ
2014/12/05 10:38
諏訪 チタン製そば用箸

 金属加工の大東製作所(諏訪市)など諏訪地方の企業グループが、信州そば用と銘打ったチタン製の箸を作った。手になじみやすく、そばやつゆの風味を損なわないのが特徴という。近く受注販売を始める予定。食にこだわりのある人や、贈答用などの需要を見込んでいる。

 箸は長さ22・5センチ、重さ約50グラム。持ち手の根元が6ミリ四方、箸先が3ミリ四方の細長い四角すい形を標準とし、要望によって六角形や八角形にすることも可能。箸先部分に幅1ミリ、深さ0・5ミリの溝を彫ることもできる。「精密技術を暮らしのヒトコマに」という開発プロジェクトのコンセプトを表現したロゴマークを持ち手部分に彫刻している。価格は未定だが、2万円前後を想定している。

 大東製作所は自動車や医療機器、OA機器向けの部品製造が主力。自社の精密加工技術を広くPRしようと箸の製造を思い付き、長野県の名物であるそば用と銘打った。チタンは金属アレルギーを起こしにくく、加工が難しいため技術力のアピールにもなるとみて、素材に採用した。

 工業彫刻のナカムラ機械彫刻研究所(諏訪郡下諏訪町)、デザイン事務所「ORBITER DESIGN」(同)、そば店の蕎麦(そば)にしむら(諏訪郡富士見町)、田毎庵(諏訪市)とプロジェクトチームをつくり、今年初めから開発を進めてきた。

 大東製作所の小池秀明・諏訪工場長は「信州そばのおいしさと合わせて、諏訪地方の技術力も知ってほしい」と話している。

写真説明:諏訪地方の企業グループが開発したチタン製のそば用箸


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊