......................

青木 夢はそばの店
青木 夢はそばの店

辰野 名水で「寒ざらしそば」
辰野 名水で「寒ざらしそば」

南相木「滝見の湯」で提供
南相木「滝見の湯」で提供

松本に「かまくらや」直営店
松本に「かまくらや」直営店

生坂 学生にそば打ち指南
生坂 学生にそば打ち指南

そばの可能性、上田で発信 「サミット」開幕
2014/11/08 11:38
日本そばサミットin上田

 そばを通して健康や地域活性化を考える初の「日本そばサミットin上田」が7日、上田市内で3日間の日程で始まった。サミットの一環として、上田城跡公園で「第1回信州そばフェスタ」も開催。東信地域のそば店など8団体が出店し、訪れた人たちがそばの味を楽しんだ。

 長和町の特産ダッタンソバを使ったそばや、そば粉を使ったクレープ「ガレット」などが「上田城けやき並木紅葉まつり」を訪れた人たちに振る舞われた。

 市内のホテルでは、そばに関する講演会などがあった。「そばと健康」と題して講演した県厚生連佐久総合病院(佐久市)代謝内分泌内科の大橋正明部長は「そばは食物繊維が豊富で、ゆっくり吸収されるため血糖値が上がりにくい」と説明。「研究を重ねれば、生活習慣病を抑制するデータが得られると思う」と話した。

 東京の出版社でそばやうどんの専門誌を担当する編集者の斎藤立夫(りつお)さん(36)は「こういうイベントは珍しい。『そば=健康』と定着すれば、生産者が潤い、業界全体が盛り上がることにつながると思う」と期待していた。

 サミットは、東信地方のそば店店主らでつくる実行委員会が主催。実行委会長で小諸市のそば店社長中村利勝さん(82)は「業界全体の動きを学び腕を競い合うためにも、そば店同士のつながりを深めなければならない。地域の食文化を守るため、こういう機会を大事にしたい」とした。来年以降の開催も検討中だ。

 8日は、そばのブランド力向上などを学ぶセミナーや、池波正太郎真田太平記館などを巡る観光ツアーがある。

写真説明:「そばフェスタ」でそばを買い求める人たち


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊