......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

手打ちそば、3年ぶり復活へ 富士見・道の駅信州蔦木宿
2014/10/31 11:32
富士見 手打ちそば復活へ

 富士見町落合の「道の駅信州蔦木宿」内にある食堂は11月1日、手打ちそばの提供を復活させる。約3年ぶり。従業員の有志7人がそば打ち歴20年以上のベテラン従業員から打ち方を教わり、練習に励んでいる。3日に開く新そば祭りでは、打ちたてのそば300杯を振る舞う予定だ。

 29日午後、武井健治さん(38)ら2人が鉢の中で水とそば粉、小麦粉を慣れた手つきでこね合わせた。指導するのは杉沢次雄さん(64)。7月から仕事の合間に特訓を続けている。

 道の駅信州蔦木宿では1999年の開業以来、地元女性による手打ちそばを売りにしてきた。高齢化のため徐々に担い手が少なくなり、11年ごろからは機械打ちのそばを業者から仕入れるように。運営する地元住民でつくる協議会で今春、「駅の特色を復活させたい」との声が出たため、準備を進めることにした。

 武井さんは普段は調理を担当。「お客さんに満足してもらえるよう、少しでも腕を上げたい」と話す。そばは太さや色が違う2種類をともに800円で販売する。

 新そば祭りは午前10時〜午後2時半。地元産コメや野菜が当たる抽選会、吹奏楽やダンスの発表を予定する。問い合わせは道の駅信州蔦木宿(電話0266・61・8222)へ。

写真説明:そば打ちの練習に励む道の駅信州蔦木宿の従業員たち


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊