......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

「木曽のそば」連携し発信へ 生産団体や商工会が推進協
2014/05/28 11:20
「木曽のそば」PRへ連携

 木曽郡内のソバ生産団体やそば店、6町村、県木曽農業改良普及センターなど49団体が27日、「木曽のそば推進協議会」を設立させた。木曽地方では木曽町開田高原を中心に、古くからソバ栽培が盛んに行われてきた。生産者やそば店が連携して木曽のそばをPRし、農業と商業、観光面での地域活性化につなげる。

 同普及センターによると、2013年の木曽地方のソバ栽培面積は約160ヘクタール。食堂や旅館など約40カ所でそばを食べることができ、6割が木曽産を使っている。だが、品質面や安定供給の面で課題も指摘されている。遊休農地での栽培も増える中、品質を向上させ、生産、消費の拡大を図るため協議会を設けることになった。

 27日は木曽町商工会館で設立総会を開催。品質向上を図るための研修会を実施するほか、木曽産のそばを出していることを示すヒノキの銘板を作り、協議会参加店に掲げるなどの事業計画を決めた。

 会長には春日正志・木曽町商工会長(63)を選出。総会では「木曽のそばを全国レベルで宣伝すると同時に、地元で木曽産のものを使う店を増やしたい」とあいさつした。

写真説明:そばを通じて地域活性化を目指す、木曽のそば推進協議会の設立総会


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊