......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

飯田でそば打ち「段位認定試験」 17人挑戦
2014/05/25 09:33

 全国各地のそば愛好家やそば店主らでつくる日本蕎麦(そば)保存会(埼玉県)は24日、そば打ちの「段位認定試験」を飯田市内で開いた。独自に設けた制度で、そば打ちの技能をみる。今回が初めてで、東京都や大阪府などの17人が保存会役員らの審査を受けた。

 保存会は、日本のそば文化を伝えていこうと有志らで今年1月に発足。5段〜4級の段位を設けた。保存会長の片山虎之介さん(63)=埼玉県新座市=が、信州飯田そば達人の会(飯田市)の仁科保会長(78)=飯田市松尾上溝=と知り合いの縁で、初回の試験会場が飯田市になった。

 この日は、達人の会も協力。日本蕎麦保存会が「信州そば」の打ち方とする手法で、11人が初段に、6人が3級に挑戦した。受験者は、制限時間40分で、そば粉に水などを混ぜて生地にし、麺棒で丸く延ばして、切るまでを実演。片山さんら審査員5人が生地の練り方や延ばし方などをチェックし、全員が合格した。

 そば打ちが趣味という多鹿(たしか)雅昭さん(65)=大阪府箕面市=は3級に受かり、「もっと技術を磨いていきたい」と話していた。

写真説明:受検者が実際にそばを打った認定試験


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊