......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

山好き夫妻、飯島にそば店 アルプスにひかれ浜松から移住
2014/05/15 11:16
飯島 浜松から移住し開店

 浜松市のそば店で修業した阿部晋也さん(45)、久美子さん(31)夫婦が飯島町田切に移住し、「蕎麦(そば)ひねもす」を今春、開店した。趣味の山登りで県内をたびたび訪れ、中央、南の両アルプスを望む町の景観にほれ込んだ。空き家だった日本家屋を借りて改修。「従来のイメージにとらわれず、自分たちのスタイルで店づくりをしたい」と新天地で一歩を踏み出した。

 2人は、晋也さんの両親が営むそば店で10年ほど前から働いた。「実家の店がある程度軌道に乗り、自分たちで新しいことをしてみたいと思っていた」という。休日には中ア駒ケ岳や南ア三伏峠、八ケ岳などを訪れ、「山々がすごいスケールで迫る光景が頭に焼きついた」。山梨方面なども見て回り、適当な物件が見つかったこともあって飯島町への移住を決めた。

 「そば店は若い人には敷居が高いイメージがある」と晋也さん。気軽に訪れてもらえるように内装を工夫した。床は畳を上げて板張りにし、ふすまも取り払って空間を広く使った。椅子やテーブルは「味のある物を」とリサイクルショップで物色。経費を抑えるため、できるところは自分たちで改修した。

 看板メニューは、地粉を店内でひき、手打ちした十割そば(ざる900円ほか)。「そばの味や食感は、産地やひき方、打ち方で変わる。食べ比べてほしい」と八ケ岳山麓産の粉を使った2種盛り(同1100円など)もある。「夏場は縁側を開放してお茶を飲んでもらうのもいい」(久美子さん)と甘味やコーヒーなどの提供も検討中。地域住民や観光客が気軽に訪れ、「ひねもす(一日中)」でもゆったり過ごせる店を目指す。

 午前11時〜午後4時。月曜定休(祝日は営業)。問い合わせは電話0265・98・8596へ。

写真説明:日本家屋を改修した店内に立つ阿部晋也さん、久美子さん夫婦


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊