......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

「そば切り発祥の地」で塩尻産そばPR 祭り初開催
2013/09/10 10:28

 塩尻市は8日、そば祭り「信州塩尻そば切り物語り」を同市宗賀の平出遺跡公園で初めて開いた。訪れた人は、市内産の夏ソバ品種「しなの夏そば」を使った新そばを味わった。

 そば祭りは、旧中山道本山宿が「そば切り発祥の地」とされることから、塩尻産のそばをPRする目的で開いた。本山宿のそば店や県内のそば打ち愛好家でつくる「信州そばアカデミー」、伊那市の「高遠そば」など6店舗が出店。信州そばアカデミーでは、江戸時代に贄川(にえかわ)宿で食べられていた記録が残る、麺つゆがみそ仕立ての「贄川古流そば」も再現した。

 公園のガイダンス棟ではそばの調理用具の移り変わりや、平出遺跡でソバの実が出土していることなどを紹介した展示も設けた。そばを使ったスイーツのコンテスト審査結果も発表され、そば粉を使ったスポンジケーキと抹茶プリンを合わせた作品がグランプリを受賞した。

 諏訪市大和の三井洋一さん(64)は「贄川古流そばはおろしの辛味があり、みそ味で珍しい。おいしかった」と話していた。

写真説明:塩尻市で初めて開いたそば祭りで新そばを食べる家族連れ


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊