......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

「寒ざらしそば」再び 高遠藩が献上の味、試食
2013/07/24 10:11
伊那 「寒ざらしそば」復活へ

 伊那市高遠町の飲食店やそば打ち愛好家らでつくる「高遠そば組合」は、「寒ざらしそば」の試食会を高遠城址(じょうし)公園内の高遠閣でこのほど開いた。厳冬期の清流に浸し、天日と寒風で乾燥させたソバの実で打ったそばで、江戸時代に高遠藩が将軍に献上したとされる。参加者には総じて好評で、地元店舗で来夏からの提供を目指す。

 組合によると、寒ざらしそばはあくが抜けて甘みが増し、風味を落とさず夏まで保存できるという。ことしは67・5キロのソバの実を、大寒の1月20日から節分の2月3日まで地元の沢に浸した。

 試食会では、組合の3店が打ったそばと、旧高遠藩主・内藤家ゆかりの「内藤とうがらし」、焼きみそなど18種類の薬味を用意。組合や市、市商工会の関係者ら20人余が味わい、「風味がある」「ショウガとネギがそばの味が一番引き立つ」などの意見が出た。

 復活の取り組みは、高遠では10年ぶり。組合長の飯島進さん(59)は「歴史に裏打ちされた味。新そばシーズン前の、客足が落ち込むこの時期の目玉になればうれしい」と話していた。

写真説明:寒ざらしそばを味わう参加者


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊