......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

下條のソバ栽培面積が過去最高に 遊休農地対策が奏功
2013/01/18 10:19
下條 栽培面積が過去最高

 飯田下伊那地方最大のソバの産地、下伊那郡下條村の昨年の栽培面積が過去最高の延べ48・1ヘクタールに上り、収穫量も2009年に次ぐ22・1トンだったことが17日、村振興課のまとめで分かった。豊作に恵まれた一方で、栽培農家でつくる「村そば栽培生産者組合」はソバを売り切るのに例年より期間を要している。村は、遊休農地対策としてさらに栽培面積を増やしたい意向で、販路拡大を検討していく。

 同課によると、村がソバ栽培に力を入れ始めたのは1995年。現在は夏と秋の二期作が普及している。農家数は当初の23戸から、昨年は61戸に増加。栽培面積も当初の延べ7ヘクタールから約7倍に広がった。ただ、天候不順で収穫量が14・9トンだった一昨年は12月までに完売したが、昨年収穫分はことし3月末まで在庫が残る見通しだ。

 収穫されたソバの主な出荷先は、村内の「道の駅信濃路下條」で食堂や売店を運営する村出資の第三セクター「そばの城」。飯伊地方のそば店にも提供している。

 村は、新たな販路を模索すると同時に、ソバの活用策も検討。そばの城は10年に「そば粉食パン」を発売、生産者組合は11年にソバ焼酎を開発している。村と同組合はさらに加工品作りに取り組む構えだ。村振興課の宮島敦さん(52)は「知名度の高い商品を作り、村の特産としてアピールしたい」としている。

写真説明:下條村で昨年収穫されたソバの実が入った袋


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊