......................

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

松本 そば店開店へ
松本 そば店開店へ

佐久穂「信州ひすいそば」
佐久穂「信州ひすいそば」

そば打ちの技、ネパールへ 伊那の愛好家ら3月披露
2012/02/28 17:20
ネパール訪問を前に、そばを打つ小林さん(右)

 愛好家でつくる「伊那市そば打ち名人の会」が、ネパールの首都カトマンズでそば打ちを披露することになった。駒ケ根市などで飲食店を営むネパール人男性の仲介で、同国政府農務省の局長が招待した。14人が3月5日に出発し、約1週間滞在。日本そばの調理法や食べ方を教え、政府要人にも振る舞い、新たな交流のきっかけにしたい考えだ。

 同会は昨年7月、ブラジル・サンパウロ市の県人会に招かれ日系人の祭りでそばを打つなど、海外でも活動している。今回は、会長の小林史麿さん(70)の知り合いで、名古屋市や駒ケ根市でネパール料理店を経営するギリ・ケサラさん(42)が「ネパールでも日本そばを普及させたい」と同国側に紹介した。

 県内でも栽培が盛んになってきた赤ソバは同国原産とされる。日本ネパール協会(東京)によると、同国では、そばがきのようにして食べるのが一般的。そば切りを提供する日本料理店もあるが、普及はしていないという。

 会員は、のし棒や包丁、伊那市産のそば粉、つゆを持参。渡航費は個人持ちだが、滞在費はネパール側が負担するという。「一民間団体だが、日本の代表として交流してきたい」と小林さん。ネパールから研修生を受け入れ、そば打ちを修業してもらうことも検討している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊