......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

戸隠神社に新そば献納 地元で栽培の在来ソバ使い
2010/11/06 10:38
新そばを献納するため宝光社社殿に向かう行列

 長野市戸隠地区のそば店などでつくる「戸隠そば祭り実行委員会」は5日、新そばを戸隠神社に納める献納祭を開いた。今年は、地区の休耕地を活用して自分たちで栽培した在来種のソバを初めて使用。同神社宝光社に奉納し、自然の恵みや商売ができることに感謝した。

 同地区の「そばの里二番館」前で、大会長の徳武洋友・戸隠観光協会長(63)が「より良いそばを作っていこうと心を新たにしている」とあいさつ。舞台では雅楽が奏でられ、白装束の3人が「こね役」「打ち役」「切り役」となり、そばを打った。

 打ち上がると、約60人が行列を成し、宝光社に向かった。社殿では神職により新そばなどがささげられた。これまでは中社や奥社に奉納しており、宝光社へは初めて。

 献納後、そばは一般にも振る舞われた。献納祭を見学した群馬県高崎市の自営業大西充代さんは「古式ゆかしい行事。この地域で、そばが大変貴重であったと、あらためて感じることができた」と満足そうだった。

 ソバの栽培は、生産農家の苦労を知り、そば作りに精進しようと挑戦。戸隠そば商組合青年部員など若手を中心に7月下旬に種をまき、10月初旬に約20キロを収穫した。実行委員長の横川幸喜さん(48)は「来年以降も栽培を継続したい。農家の力を借りて、将来的には戸隠地区のそば店で使うそば粉は、地元産で賄えるようにしたい」と話した。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊