......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

「縄文長寿そば」いかが 茅野市内イベントで無料配布
2010/10/22 10:15
茅野商議所が諏訪東京理科大などと協力して試作した「縄文長寿そば(仮称)」

 茅野市の茅野商工会議所が、そば粉の有効成分を生かした機能性食品の開発に取り組んでいる。諏訪東京理科大(茅野市)や地元の製粉業者の協力でこのほど「縄文長寿そば(仮称)」を試作。22~24日に市内のイベントで無料配布や試食会を行い、寄せられた意見を今後の製品開発に反映させる。地元産のそば粉を使った新たな「名物食品」を生み出し、地域おこしにつなげたい考えだ。

 同商議所によると、ソバの実は、粉をひく段階に応じてそば粉に含まれる成分が異なり、最後の5~10%程度の粉はタンパク質と食物繊維が多い。ラットを使った実験では血中コレステロール値を低下させ脂肪の蓄積を抑制する-との研究成果もあるという。

 開発する機能性食品には、この最後の段階の粉を使用する計画。県の「地域産業活性化基金事業」の支援を受け、手始めにそばを試作した。市内に縄文時代の遺跡が多いことにちなみ、そばには縄文時代の人の主食だったとされるドングリの粉も混ぜた。

 茅野市民館で22日正午から開く「諏訪大社上社献納そば祭り」で100食分(1食2~3人前)の乾めんをアンケート用紙とともに無料配布し、味や見た目について意見を求める。

 また、マーケティングが専門で、開発に協力している諏訪東京理科大の山腰光樹教授のゼミ生が23、24日の学園祭「理大祭」で、両日とも正午から、同じそば粉を混ぜたそばの無料試食会を開く。試食後にアンケートに協力した人を対象に各日100人ずつ、乾めんをプレゼントする。

 山腰教授は「縄文、ソバという地域資源に『健康に良い』という魅力が加わり、高いブランド力を発揮できるのではないか」と期待。同商議所は「そば以外の製品を開発する可能性もある。観光資源になる食品をつくりたい」としている。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊