......................

山形・松本の3店「食べ比べ」
山形・松本の3店「食べ比べ」

伊那産 成分分析へ
伊那産 成分分析へ

戸隠そば 伊でPRへ
戸隠そば 伊でPRへ

辰野・川島地区
辰野・川島地区

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

風味を生かした半生そば 松本・奈川の新土産品
2010/10/21 10:22
奈川の土産品として開発した半生そばや、花豆の煮物

 松本市奈川の奈川振興公社は新たな土産品として、地元産のソバを使った半生そばや、花豆の煮物を販売している。半生そばは2年前に初めて商品化した乾めんタイプに続くそば製品。生めんに近く、加熱殺菌をしないことで「奈川のそば本来の香りが堪能できる」とPRしている。

 半生めんは9月発売。加工する鎌倉麺(めん)業(松本市)によると、半生めんは通常、袋詰めした後に蒸気で加熱殺菌して賞味期限を製造から3、4カ月に延ばすが、熱で風味が損なわれるという。新商品は風味を優先。賞味期限は製造から45日となった。花豆の煮物は、紫花豆を甘く煮て真空パック。これまで販売していた生の豆よりも「手軽に食べられ、お茶請けにもってこい」と薦めている。

 また、今月23日には、新商品として、かけそばやとうじそば向けの太めの乾めんも売り出す。

 半生そばは2食分(つゆ付き)で850円。花豆の煮物は250グラムで650円。新しい乾めんは2食分で700~800円の予定。同公社直営の「ながわ山彩館」と「そばの里奈川」で扱っている。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊