......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

休耕田活用へ、ソバ栽培 川中島・篠ノ井に計94アール
2010/10/11 15:31

 長野市戸隠でソバを栽培している小林一彦さん(68)=長野市箱清水=が今年、同市川中島と篠ノ井両地区の遊休農地でもソバを作った。ソバが特産の戸隠と違い、周囲にソバ農家がない中で手探りの試みだったが、今月に入って実りを確認。来年も面積を広げる予定で「遊休農地活用に貢献したい」と話している。

 小林さんは戸隠などでそば店を経営。地元のソバを原料に多く使おうと8年前から栽培を始め、現在、戸隠地区で7ヘクタール余を作付ける。さらに広げようと平たん地での栽培を模索。今年初めて、川中島町で70アール、篠ノ井で24アールの休耕田を借りて種をまいた。

 県農業技術課によると、ソバ栽培は戸隠のほか信濃町など山間地で盛んだが、市内平たん地でのまとまった栽培は「あまり見かけない」という。

 小林さんは、周囲から「善光寺平でソバは実らない」との声も聞いたが、「やってみないと分からない」と挑戦。休耕田の雑草を刈り、戸隠よりも暖かい気候を考慮して種まきを遅めに設定、9月下旬に白い花が咲いた。

 果樹園や水田が多い地域でソバの花が一面に咲く光景は珍しく、小林さんは住民から「きれいですね」と声を掛けられた。将来は「(上信越道)長野インターから戸隠まで、観光客がソバの花を眺められるようになるのが理想」と話している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊