......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

茅野市のそば店、「寒晒しそば」8月1日まで限定販売
2010/07/11 10:07
茅野市のそば店が数量限定で販売している寒ざらしそば

 茅野市内の手打ちそば店12店で10日、「献上寒晒(ざら)しそば祭(まつり)」が始まった。好評のため今年は期間を昨年より9日延長し、8月1日まで。各店で毎日、数量限定で寒ざらしそばを販売する。

 江戸時代、将軍家への献上品だったという寒ざらしそばは、秋に収穫したソバの実を冬に清流に10日間浸し、その後1カ月間寒風にさらして乾燥させるのが特徴。数年前に地元のソバ生産者らが復活させ、PRに力を入れている。

 祭りは、そば店や生産者などでつくる「そば産業推進会議」と茅野商工会議所の主催で4回目。期間中に使用するそば粉は300キロ近く。昨年より千食多い4千食の販売を目指す。

 JR茅野駅近くのそば店では、前夜に製粉所から届いたそば粉を使い、1日分の20食を用意した。妻とともに訪れた諏訪市の会社社長、小海行雄さん(61)は初めて寒ざらしそばを食べ、「サラッとしたのど越しと、もちもち感があっておいしい」。店主の五味一佳さん(41)は「昨年は首都圏から足を運んでくれる人もいた。今年もこの地方の伝統を多くの人に味わってほしい」と話していた。

 各店とも基本の盛りそばは1600円。店ごとに異なるメニューもある。問い合わせは同商議所(電話0266・72・2800)へ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊