......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

赤ソバの「輪」蓼科に 県内外から80人サミット参加
2009/09/28 09:21
赤ソバの天ぷら(手前)などを試食した「紅そばサミット」

 県内外の赤ソバの生産者が交流する「紅(あか)そばサミット」が27日、茅野市蓼科高原のホテルで開かれた。赤ソバ「高嶺ルビー」の開発に取り組んだ氏原暉男(あきお)・信大名誉教授(75)の講演や生産者の事例発表、料理の試食などがあった。

 市観光連盟や茅野商工会議所などでつくる実行委員会の主催。昨年、中川村で初めて開かれ、2回目。生産者や住民など約80人が参加した。

 氏原さんは高嶺ルビーの原種を発見したネパールの写真を示し、普及に向けた取り組みを説明した。

 秋田県仙北市のソバ生産者でつくる組合の生産部長、羽川正幸さん(61)は、普通のソバに加えて5年ほど前に高嶺ルビーの栽培を始めたと紹介。「減反だからソバを作るという消極的な面もあった」とした上で、「観光客向けに始めた赤ソバは反響が大きく、昨年からそば店が提供している」と話した。

 県内からは、茅野市の生産者や、スキー場のゲレンデで栽培する木曽町の御岳ロープウェイの担当者が発表した。

 発表の合間には、赤い花のまま揚げた天ぷらや、そば粉を使ったケーキなどが振る舞われた。同市の会社員女性(62)は「天ぷらの赤色が食欲をそそりますね」。

 サミットは、蓼科高原や車山高原で開かれたウオーキングなどを楽しむイベント「自分力回復ウォーク」の一環で、参加者は高原に咲く赤ソバの花も楽しんだ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊