......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

本年度は目標50ヘクタール 松本・奈川のソバ作付面積
2009/04/23 10:07

 松本市奈川の「奈川そば振興組合」(小林岩男組合長)は本年度、同地区でのソバの作付面積を昨年度より2割多い50ヘクタールを目指す。将来的に「奈川そば」を全国へ売り出すため、夏ソバの作付けに力を入れて安定した生産量を確保する狙い。

 21日に市奈川文化センター夢の森で開いた振興組合の総会では、組合内に本年度、小粒で香りの強い奈川在来種の栽培に取り組む「在来種復権チーム」と、調理法の研究や土産物の乾めんの販売促進に取り組む「利活用促進チーム」を設置することを決めた。

 また、生産増強について組合員からは「そば粉の単価が下がり、生産意欲が低下している。付加価値向上などにいっそう取り組んでほしい」との意見が出た。事務局は「新たなイベントなどを考えていく。ただ、生産量を増やさないと次の施策が打てない」とし、生産量増加に理解を求めた。

 振興組合は2006年、奈川地区のソバ生産者、そば店、旅館などで設立。以来、生産量を増やし、地域ブランドとしてそばを根付かせるイベントや研究を続けてきた。昨年度は県の地域発元気づくり支援金を利用し、松本大学や障害者施設の協力で耕作放棄地を開墾してソバ畑にする事業にも取り組んだ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊