......................

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

松本 そば店開店へ
松本 そば店開店へ

天龍峡そば祭り大にぎわい
2008/07/06 17:00
「天龍峡そば祭り」でソバ畑に入って遊ぶ子どもたち

 飯田市川路地区の住民らでつくる実行委員会主催の「天龍峡そば祭り」が5日、地区内の「天龍峡花の里」で3日間の日程で始まった。手打ちそばの販売などが人気で、初日は500人余りが訪れた。

 住民たちは地域活性化を目指して3年前から、三遠南信道天龍峡インター近くの工事関連用地約2・6ヘクタールでソバの品種の一つ「信州大そば」を栽培。花の里としても整備している。雨の影響で今年のソバは丈が低めだが、会場には白い花が一面に広がっている。

 花の里で収穫した実を使った手打ちそばは、用意した280食分が完売した。飯田市立石の久保田月(る)海(な)ちゃん(5)、紫苑君(3)きょうだいは「おいしい」と、そろって笑顔を見せた。

 天龍峡温泉の湯を使った足湯やポニーが引く馬車などもあり、きょうだいの父親の賢一さん(28)は「家族で楽しめる良いイベント。さらに知名度が上がっていけばいいですね」と話していた。

 祭りは昨年の春と秋に続き3回目。市や観光団体などによる「天龍峡再生元年」の取り組みに合わせて、「信州大そば祭り」から名称を変えた。9月にも開く予定だ。江取義直実行委員長(73)は「ようやく祭りやそばが名物として定着しつつある。住民の気持ちも盛り上がっているので、さらに活性化を進めていきたい」と話した。






北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊