......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

そば打ち体験で仲間づくり 宮田で「おやじ道場」開講
2007/06/14 10:11
宮田村の「おやじ道場」で、打ったそばを切る参加者

 宮田村公民館が、村内の退職した男性の仲間づくりの場にしてもらおうと企画した「おやじ道場」の初回の活動が13日、村民会館であり、村内の60-80代の12人がそば打ちを体験した。今後は月に1回集まり、2009年度末まで活動する。

 約40年間、趣味でそばを打っている道場メンバーの秋山泰久さん(69)=南割=が先生役。慣れないエプロン姿に「初めて着けたよ」という参加者もいた。

 生地をこね、薄く伸ばすまでは順調だったが、細く切るのには苦戦する男性も。「ちょっと太いんじゃないか。そばのきしめんだ」という冷やかしの声も飛び、「おやじ」たちの大きな笑い声が上がっていた。

 坂駄一人さん(73)=町三区=は「仕事一筋で生きてきたが、限られた人間関係しかないおやじになるのは寂しい。家庭を思う、ソフトな人間になりたい」。最年長の原毅さん(81)=同=は「ほとんどのメンバーと初対面。新しい友達ができるのが楽しみ」と話していた。

 道場は、村公民館が2004年度から3年間開講した「おやじ塾」から名前を変え、メンバーも一新。本年度の活動内容は、7月に行う次回の活動で話し合う。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊