......................

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

松本 そば店開店へ
松本 そば店開店へ

佐久穂「信州ひすいそば」
佐久穂「信州ひすいそば」

天竜峡のそば「おいしい」 飯田・川路の住民が祭り
2007/03/22 10:06
飯田市で開いた「川路そば打ち祭り」で指導を受けながらめんの形に切る作業を体験する男の子

 飯田市川路地区の「天竜峡花の里」で育てたソバを使った「川路そば打ち祭り」が21日、川路公民館で開かれた。地区住民ら約300人が参加し、地元の「千登勢そば打ち同好会」メンバーからそば打ちを教えてもらい、打ちたての味も楽しんだ。

 天竜峡花の里は、2007年度末までに開通する三遠南信道インターの近くに約3ヘクタール広がる。地元住民らでつくる管理運営委員会が2年前から、花の景観づくりや観光に生かそうとソバの品種「信州大そば」を栽培している。祭りは地元の天竜峡観光開発整備推進協議会の主催で、昨年に続き2回目。管理運営委が実行組織として準備した。

 会場では、大勢の子どもたちも参加し、大人たちに手ほどきを受けながら生地をこねたり、のばしたり、細く切ったりと一生懸命取り組んでいた。そば打ち体験は初めてという同市川路小学校2年の羽場絵里奈さん(8)は「うまくできて、食べてもおいしかったです」と笑顔を見せた。

 管理運営委員長の塩沢寛さん(71)は「栽培は軌道に乗ってきたので、今後は地区にそば打ちができる人を育てて、いずれは『天龍峡そば』として売り出していきたい」と張り切っていた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊