......................

山形・松本の3店「食べ比べ」
山形・松本の3店「食べ比べ」

伊那産 成分分析へ
伊那産 成分分析へ

戸隠そば 伊でPRへ
戸隠そば 伊でPRへ

辰野・川島地区
辰野・川島地区

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

幻の「こそば」を妙高で 26日と12月3日に祭り
2006/11/21 09:55

 飯山市に近い新潟県妙高市の新井水原地区は、地域おこしの足掛かりの一つとして、日本で栽培されているソバの原種「こそば」の普及に取り組んでいる。26日と12月3日にそば祭りを開き、長野県の人にも新そばを味わってほしい、と呼び掛けている。

 同市妙高山麓振興室によると、「こそば」は一般のソバに比べ実が小さく、収量が少ない。山間地で過疎化、高齢化が進む同地区では栽培農家が減り、「幻のそば」とされている。

 「実が小さい分、味わいがあっておいしい」といい、首都圏などから食べに訪れるファンも。今年夏には、荒れた棚田をソバ畑として再生させる取り組みも始まった。

 26日は地区内の「棚田の家」で午前10時―午後3時に「秋のそばまつり」を開き、地元産の新そば、こんにゃく、秋野菜などを販売する。

 12月3日には、地元組合が運営する上小沢の同市山村体験交流施設「大滝荘」(電話0255・75・3230)で午前10時―午後3時に「こそば祭り」を開催。そば、コイこく、野菜、はざ掛け米などを販売し、鉱泉の入浴サービスもある。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊