......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

盛況の麻績有志の茶屋 そばも天ぷらも地元産素材
2006/11/17 09:51
村内外の客でにぎわう「お仙の茶や」。そばや天ぷらの材料は地元産を使っている

 麻績村市野川区の住民有志が手打ちそばなどを提供する「お仙の茶や」がにぎわっている。農業公園「大峠ゆめ公園」内に昨年春にオープンし、有志でつくる「大峠を世に出す会」が運営。同区の若林茂孝区長(68)は「口コミで新しいお客さんも増えてきた」と手応えを感じている。

 12日まで7日間開いた「新そばまつり」では昼どきに行列ができ、そば打ちが間に合わないほどの人気ぶり。長野市に向かう途中に立ち寄った公務員矢代操さん(52)=千葉県市原市=は「香りがいい。久々に本物のそばを食べられた」と満足顔だった。

 農業公園は聖高原に抜ける国道403号沿いにあり、同会が2001年から地域活性化を目指し荒廃地を整備してきた。昨年、村が建設費を負担し、茶屋を建設。普段は土、日曜日の午前11時から午後2時まで、手打ちそばを出すほか、地元農産物の直売コーナーもある。

 近くにある山あいの畑約1・5ヘクタールで育てたソバを使用。一帯は標高800メートルほどで、昼夜の寒暖差があるため、良質のソバを作れるという。天ぷらなどには地元産の農産物やキノコを使っているのも自慢だ。

 本年度上半期(4-9月)の売り上げは170万円余と1年目をやや下回ったものの、客の入りが1日50-60人と安定してきた。「何度も訪れるリピーターも増えてきて、少しずつ村の顔として定着してきている」と、世に出す会の若林勲会長。「平日も営業してほしいという声が多いので、期待に応えられるよう態勢を整えたい」と話している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊