......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

自慢の新そば いかが 松本・奈川で14日からまつり
2006/10/12 10:03
煮立てた汁に通して食べる「とうじそば」。そばまつりでも目玉になる名物だ

 松本市奈川地区で14日から29日まで、16回目の「新そばまつり」が開かれる。ソバ生産者やそば店などの220人が3月に設立した奈川そば振興組合も、今年から実行委員会に加わった。名物「とうじそば」を筆頭に、そばどころとしての知名度を上げる好機にしたい考えだ。

 実行委は、ながわ観光協会、奈川村商工会と振興組合で構成。7つのそば店、10の宿泊施設が9月末に収穫した新そばを出す。恒例のそば打ち体験や名人による実演会に加え、今年から地元産ハチミツや乳製品が当たるスタンプラリーを始める。

 同地区のソバは、標高1100-1200メートルの高地で栽培され、首都圏などで高値がつく。とうじそばは、そばをキノコや野菜を入れて煮た汁に通して食べる伝統食だ。

 だが、イベントなどを通し、そばを地域の特産品にしようと考える振興組合にとって、一番の課題は地元産そば粉が足りないことという。そばどころとしてのブランド化に地元調達は不可欠-として、同組合は二期作などにより栽培面積を昨年の約20ヘクタールから約30ヘクタールに拡大。試験用のソバ畑で品質管理を研究、農家の高齢化に対応し機械化も進めている。

 組合に加盟するそば店主、池田善寿さん(41)は「奈川産ソバの質の良さは定評がある。原料に負けないそばを打ちたい」と意気込みを語る。市奈川支所観光課は「質、値段、量すべてに満足してもらえるそばを提供し、戸隠のようなそばどころを目指す」とする。

 まつりの問い合わせはながわ観光協会(電話0263・79・2125)へ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊