......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

「そば大学」飯田で開講 栽培方法や歴史を学ぶ
2006/09/09 10:07
飯田市天竜峡で8日開講した「日本そば大学講座」

 ソバの栽培法や歴史など幅広く学ぶ「日本そば大学講座」が8日、飯田市天竜峡の龍峡亭で3日間の日程で始まった。県内外のソバ栽培農家ら約100人が参加。初日は北海道でのソバの栽培方法や、そばの栄養面での効用などについて学んだ。

 めん類を活用して地域活性化に取り組む自治体や団体などでつくる「全国めん類文化地域間交流推進協議会」と、地元の実行委員会が主催。飯田下伊那地域でも栽培が盛んになりつつあるソバを全国に発信しようと、昨年の北海道幌加内(ほろかない)町に続く開催となった。開講式での仁科保実行委員長は「飯伊地方のそばへの関心を高める転機となり、非常に喜ばしい」とあいさつした。

 この日はまず、幌加内町でソバを栽培し製粉業を営む北村忠一さんが講演。氷点下41・2度の日本最寒気温の記録を持つ厳しい環境の中で、全国一のソバ生産量を誇るようになった歩みを紹介した。土地改良への行政支援や地域活性化のための協議会の結成、ソバ祭りの開催などを挙げた。

 ソバの茎など商品にならない部分を堆肥(たいひ)にして畑にまくなど、独自の栽培法についても話した。

 9日は午後6時から市鼎文化センターで、一般の人を対象に同協議会顧問の氏原暉男・信大名誉教授が講演する。パネル討論もある。10日は飯伊地方のソバ栽培地を見学する。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊