信州日帰り温泉紀行

ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
夜の温泉街きらめく「波紋」 長野大生が電飾を模様替え
2017/12/16 14:30
電飾で彩られている鹿教湯温泉街の入口

 上田市鹿教湯温泉の温泉街入り口のライトアップがこのほど、模様替えした。長野大(上田市)の学生が温泉街活性化につなげたい―と電飾のデザインや取り付けを買って出て4季目。厳しい冷え込みの中、関係者が取り付けを終えて電源を入れると暗がりに鮮やかなイルミネーションがともった。

 毎年趣向を変えており、今季は温泉の表面に広がる波紋をイメージ。禹在勇(ウジェヨン)教授(デザイン学)のゼミ生らが国道254号と、温泉街へ向かう道路の交差点にある植栽や近くのミニ公園に電飾を設置した。学生や鹿教湯温泉観光協会関係者らが見守る中、合図とともに赤や青、緑色の電飾が点灯した。

 企業情報学部4年の土田ひかりさん(22)は1年生の時から飾り付けており、「地元の人に感謝されたり声を掛けてもらったりする交流がやりがい。誘客につながればいい」と話した。電飾は来秋まで通年でともす。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行