信州日帰り温泉紀行

ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
松代に日帰り温泉施設 滞在時間に応じ料金変化
2017/11/18 11:48

 ホテル施設経営などのBJ(長野市)が21日、長時間の滞在を想定した日帰り温泉施設「コトリの湯」を長野市松代町東条にオープンする。滞在時間の長さに応じて料金が変わる仕組みを採用。館内にレストランのほか、読書や遊技も楽しめる空間を設け、長く過ごしてもらうことで料金収入を増やす狙いだ。

 同社は2013年設立で、同市飯綱高原のホテル「アルカディア」などを経営している。今回は同市松代町東条で事業を停止していた温泉施設の土地建物を今春購入し、約4億円かけて全面改修。運営は、温泉施設運営の実績がある日本レクシー(長野市)の協力を受ける。

 館内は1階に露天風呂、地元食材の料理を提供するレストランを配置。2階は横になってくつろげる空間があり、雑誌や漫画1万冊以上を用意する。射的や卓球などの娯楽も楽しめる。

 オープン時の料金は休日が60分600円(大人)で、30分ごとに150円ずつ上がり、2時間を超えると千円にする予定。入館時にバーコード付きリストバンドを着け、食事などはバンドを示すと現金を使わずに利用でき、最後に一括で支払う。BJの徳安素一郎社長は、入館料が千円を超える日帰り温泉は少ないとした上で「食事を含めてトータルに楽しめる空間にしており、料金に見合う価値はあると思う」としている。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行