涼しげ「風鈴の通り抜け」 小諸の旅館に300個

2018/07/11 11:26
ODEK2018071101021701.jpg

 小諸市菱平の旅館「菱野温泉薬師館」で、浴場へと続く山裾を削った通路の一角に約300個の風鈴が下がり、涼しげな音色を響かせている。「風鈴の洞窟」と名付け、宿泊客と日帰り入浴客向けに初めて企画した。

 アジサイや金魚など、夏らしい絵が描かれた風鈴の下を通り抜けた川崎市の40代女性は「とても涼しげ。短冊が頭にふれて音が鳴るのも風情があっていい」。同館の花岡隆太専務(38)は「音色と高原の風を感じながら、温泉を楽しんでほしい」と来館を呼び掛けている。

 9月17日まで。日帰り入浴は午前11時〜午後9時。火曜日休み。入浴料600円(小学生以下300円)。問い合わせは同館(電話0267・22・0077)へ。

写真説明:涼しげな音色が幾重にも重なり、響き渡る

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ