牟礼駅のヤギ駅長、初出勤 助役と10月下旬まで

2018/06/04 10:13
ODEK2018060400998601.jpg

 上水内郡飯綱町のしなの鉄道北しなの線牟礼駅に3日、2016年8月に「駅長」に就いたヤギの「ロール」と、「助役」の「クロオ」が今年初めて「出勤」した。町が進めるヤギを活用した地域活性化事業「やぎ大活躍プロジェクト」の一環で、10月下旬まで触れ合うことができる。

 ロールは6歳の雌、クロオは4歳の雄で、長野市のNPO法人「飯綱高原よっこらしょ」が飼育。木の柵で囲った駅構内の「駅長室」で待機し、訪れた人は無料で餌やりができる。今年は農産物の収穫用コンテナを積み重ねた「お立ち台」も設置し、電車内から見やすくする工夫もした。

 2匹はこの日、訪れた人から差し出された木の葉や干し草を黙々と食べた。

 町はこの日、訪れた人にロールの絵が入った記念の缶バッジや、町のPRキャラクター「みつどん」をあしらったバンダナをプレゼントした。

 2匹は10月下旬までの日曜日(7、8月は一部休み)の午前10時〜午後3時に出勤する予定。問い合わせは牟礼駅(電話026・253・2039)へ。

写真説明:牟礼駅で子どもと触れ合う駅長のヤギ「ロール」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ