物語・マジック融合の舞台 アキットさん長野で公演へ

2018/05/11 11:14
ODEK2018051100986201.jpg

 長野市出身のマジシャン「魔法使いアキット」さんの公演「魔法使いの頭の中withミュージシャンズ〜蝶(ちょう)がとんだ日〜」が11、12日、市芸術館で開かれる。物語に合わせてマジックを披露する「ストーリーマジックライブ」と名付けた舞台で、県内では初公演。アキットさんは「ずっと地元でやりたかった。表現者として成長した姿を見てほしい」と話している。

 物語では、夏休みにモンシロチョウについて日記を描くことにした少年が成長する姿を描く。アキットさんは少年や夏祭りの出店の人など複数の役を1人で演じる。2015年以降、東京、大阪で同様の公演を開いてきたが、今回はマジックの場面で生演奏の音楽を流す演出を取り入れ、臨場感を出す。客が参加できるマジックなどもある。

 公演は11日午後7時、12日午後1時、同5時の3回。全席指定で大人3500円、中学生以下1800円。問い合わせはトゥインクル・コーポレーション(電話03・5468・0606)へ。

写真説明:昨年8月の東京公演で、物語に合わせてマジックを披露するアキットさん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ