小平選手、平昌での雄姿 伊那で代表選手の報道写真展

2018/03/06 11:40
ODEK2018030600949801.jpg

 県勢を中心に、平昌(ピョンチャン)冬季五輪に出場した日本代表選手の活躍を紹介する報道写真展(信濃毎日新聞社主催)が5日、伊那市荒井のいなっせ5階で始まった。スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した伊那西高校(伊那市)出身の小平奈緒選手(相沢病院)らの雄姿を伝えている。30日まで。

 約30点を展示。小平選手が500メートルのレース後、銀メダルの李相花(イサンファ)選手(韓国)と並んで祝福し合う様子などを紹介している。ノルディックスキー複合の個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗選手(北野建設・白馬村出身)がメダルを掛けている写真や、地元の白馬村で開かれたパブリックビューイングで渡部選手に声援を送る村民らの写真もある。

 見学した伊那市の男性(67)はテレビ中継で五輪を観戦したといい「小平選手が金メダルを取れて良かった。写真で活躍を振り返るのもいいですね」と話していた。午前8時半〜午後8時。水曜休館。入場無料。

写真説明:金メダルを獲得した小平選手らの活躍を伝える報道写真展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ