春誘うひな飾り 辰野・荒神山公園一帯で「まつり」

2018/02/21 11:02
ODEK2018022100945301.jpg

 辰野町の荒神山公園一帯で、恒例の「たつの荒神山温泉春まつり」が開かれている。辰野美術館、たつのパークホテル、湯にいくセンター、パークセンターふれあいの計4施設を中心にひな飾りを展示。同美術館には高さ3・2メートル、幅約5メートルの10段飾りや明治維新150年にちなんだコーナーもあり、華やかでかわいらしい約1000体の人形が会場を彩っている。

 同美術館内には、花咲かじいさんの物語を模したり、内裏びなが老夫婦になっていたりするひな飾りを展示。多くは戦後作られた作品だが、明治時代の押し絵びなや内裏びなもある。町内6保育園の園児らが、ひな祭りにちなんで作った折り紙作品も並ぶ。明治維新150年のコーナーでは、当時使われたミシンなどの道具も展示した。

 同美術館学芸員の赤羽義洋さんは「いろいろな世代のお客さんに楽しんでもらえると思う」とPRしている。

 まつりは3月4日まで。今年は町歩きをしてもらおうと、JR辰野駅近くの古民家5カ所でも期間中にひな人形を展示している。

写真説明:辰野美術館に展示された10段飾りのひな人形

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ