御嶽海に直接エールを送ろう 上松で23日「囲む会」

2018/02/07 10:20

 木曽郡上松町出身者を応援する町民有志らでつくる「あげまつ元気会」は23日、町出身の大相撲の御嶽海関(出羽海部屋)を町ひのきの里総合文化センターに招き、親睦を深める「囲む会」を開く。昨年に続いて2回目で、今後の活躍を応援する。

 同会は御嶽海関をはじめ、各分野で活躍する町在住や出身者を応援しようと2016年に発足。会員は町内外の約450人で、場所ごとに大相撲の番付が届く。当日は、町内のアマチュアバンドの演奏に合わせて御嶽海関が歌を披露したり、立食形式のテーブルを回りながら交流したりする計画だ。

 囲む会の定員は400人で、午後6時に始まる。会費は食事代を含めて6千円(会員や会員の家族は3千円)。未成年は無料だが、保護者と一緒に出席する必要がある。申し込みは15日までに事務局(電話0264・52・1020)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ