白馬で出会いを 2月17日「雪上運動会」

2018/01/20 12:07
ODEK2018012000931001.jpg

 白馬村は2月17日、若者の交流イベント「おとなの雪上運動会」を、同村の白馬ジャンプ競技場で開く。雪玉入れや綱引き、障害物リレーといった種目を通じて交流を深めてもらい、男女の出会いのきっかけとする。同2日まで、20〜40代の男女各20人の参加者を募っている。

 ジャンプ競技の着地場所などで開く。運動会でなじみ深い種目も、雪上で行うと面白みが増すという。担当者は「白馬の楽しみ方はスキーやスノーボードだけではない。長野五輪から20年の記念の年に、すてきな思い出をつくってほしい」と呼び掛けている。

 村役場の若手職員たちでつくる団体が企画、運営する。初開催だった昨年は県内外から36人が参加し、真剣勝負を繰り広げた。好評だったため、今年も同じ時季に開く。

 午後1時半〜同4時45分。運動会の後、村内のバーでパーティーを行う。参加費はパーティー代込みで男性3千円、女性2千円。申し込みや問い合わせは村役場(電話0261・72・5000)へ。

写真説明:初開催で好評だった昨年の「おとなの雪上運動会」。かごに雪玉を投げ入れる種目も、真剣勝負

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ