県産食材、ワインに合わせ 松本で1月13日限定料理

2017/12/19 10:10
ODEK2017121900925901.jpg

 松本市の中心市街地にある松本ホテル花月は来年1月13日、県産食材にこだわった料理とワインを楽しむ「ながのテロワールとワインの会」を初めて開く。総料理長の須崎武さんが考案した当日限定のコース料理と、マスターソムリエの高野豊さん(長野市)がメニューに合わせて選んだワインを提供する。

 コースはフランス料理を反映した全6品。煮込んでペースト状にしたウサギの肉をそば粉のパンケーキで挟んだ「どら焼き仕立て」や、赤カブとイチゴのマリネ、リンゴのデザートなどを楽しめる。ワインは5種類あり、高野さんの説明を受けながらじっくりと味わえる。

 同会は、味に反映される土地の個性などを意味するフランス語「テロワール」にあやかり、信州つながりで県産食材の料理と県出身の高野さんの組み合わせにこだわった。同ホテル担当者は「当日限りの料理とワインを楽しんで」としている。

 午後0時半〜2時半。1人税込み6千円。定員40人で予約は同ホテル(電話0263・32・0114)へ。

写真説明:そば粉など県産食材を中心に考案した当日限定のコース料理

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ