クリスマス彩る光 リゾナーレ八ケ岳

2017/12/13 10:15
ODEK2017121300923501.jpg

 星野リゾート(軽井沢町)が運営する山梨県北杜市小淵沢町のホテル「リゾナーレ八ケ岳」は25日まで、八ケ岳クリスマスタウンと銘打った催しを毎日開いている。宿泊客以外も無料で楽しめるプロジェクションマッピングやイルミネーションなどがある。

 催しはホテル敷地内の「ピーマン通り」が会場。通り中央にある高さ約15メートルの建物の壁に投影するプロジェクションマッピングは、サンタクロースが人々の願い事を集め、通り一帯を光で照らすという筋書き。約6分の上映が終わると同時に、通りに飾られた約8万球のイルミネーションが点灯する。毎日午後6時から午後8時半まで30分間隔で行っている。

 8日に家族で宿泊した千葉県袖ケ浦市の会社員、斉藤智裕さん(34)は「娘の思い出になればと思って見たが、自分の思い出として残りそうです」と話していた。

写真説明:リゾナーレ八ケ岳で連日行われているプロジェクションマッピング

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ