まちづくり拠点にカフェ 辰野に16年開設の施設

2017/12/12 10:30
ODEK2017121200923201.jpg

 辰野町のJR辰野駅近くにある「信州フューチャーセンター」内に、カフェがオープンした。地域の未来を考える拠点として昨年10月に開設した同センターに気軽に寄ってもらい、活動内容をPRする狙い。甘酒の移動販売業を営む町内の女性が、そば粉などの生地で具材を包む料理「ガレット」やコーヒーを提供している。

 センターは町内の一般社団法人「TUGBOAT(タグボート)」が運営。事業者が抱える課題を学生の力を借りて解決する町の実践型インターンシップ(就業体験)制度の拠点になるなど、地域課題を解決する場として利用されている。コワーキングスペースもある。

 カフェは、休憩スペースを改装しカウンター席などを設けた。移動販売業「甘酒屋アンズ」を営む白鳥杏奈さん(26)が調理し、季節の野菜や果実などを使った2種類のガレット(税込み650円)に加え、白鳥さん手作りの甘酒と、豆乳をブレンドしたラテ(同400円)などもある。

 営業は火曜から金曜の午前11時〜午後4時。土曜は来年1月から、飲食業を始めたい人らに貸し出す「チャレンジショップ」にする。問い合わせは同センター(電話0266・43・3360)へ。

写真説明:ガレットとブレンドコーヒーを運ぶ白鳥さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ