小諸図書館2周年の催し 23日から講演会や抽選会など

2017/11/11 11:34

 小諸市立小諸図書館は開館2周年に合わせ、23日から12月2日にかけて四つの催しを開く。図書館が入っている市の複合施設「こもろプラザ」を会場に、日本ペンクラブの吉岡忍会長(佐久市出身)の講演会や雑誌の付録抽選会などを予定。利用者への日頃の感謝を込め、来場を呼び掛けている。

 23日は午後1時半から朗読イベント「ロウドクノセカイ」を開く。公募に応じた市民らが国内外の昔話や童話、随筆などを朗読し、合間にはピアノやバイオリンの演奏もある。25日は人形劇や読み聞かせ、紙芝居など子ども向けの催し「すみれちゃんおはなしの森フェスタ」を午前10時15分から午後2時半まで開く。

 付録の抽選会は26日午後2時から。13日以降に本を借り、カウンターで職員にはんこを押してもらった貸し出しレシートが抽選券となる。付録は女性誌や一般雑誌が主で、はんこは先着70人に押す。吉岡さんの講演会「本を持って旅をする」は12月2日午後2時開演で、定員は200人。申し込みが必要だ。

 同図書館は2015年11月28日に開館。今年9月には来館者が延べ40万人に達した。催しはいずれも参加無料。問い合わせは同館(電話0267・22・1019)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ