闘病中の子どもにプレゼント 諏訪で11日「サンタラン」

2017/11/08 11:13
ODEK2017110800905701.jpg

 サンタクロースの衣装で諏訪湖畔を走ったり歩いたりして、参加費の一部を闘病中の子どもたちへのプレゼント代に充てるチャリティーイベント「NaganoGreatSantaRun(ナガノグレートサンタラン)」は11日、諏訪市で初めて開く。岡谷市の会社経営者ら16人でつくる実行委員会が主催し、500人を目標に参加者を募っている。

 諏訪市湖岸通りの市石彫公園を発着地とし、同市豊田の観光施設「ガラスの里」までの往復約8キロ、健康増進施設「すわっこランド」までの同約5キロの2コースで行う。同公園では、県内出身の男性シンガー・ソングライター「Mhiro(マイロ)」さんのライブもある。

 プレゼントは12月、諏訪赤十字病院(諏訪市)、岡谷市民病院(岡谷市)、県立こども病院(安曇野市)に入院している中学生以下の約120人に贈る。参加者は現在約300人に達しているという。

 実行委員の会社経営、山崎賢一さん(52)=岡谷市=が、約1万人が集まった大阪市のサンタランを知り、諏訪地方でも病気と闘う子どもを支援しようと発案した。「湖畔を真っ赤に染めましょう」と呼び掛けている。

 当日は午前10時〜午後4時(ライブは午後2時から)。参加費は一般3240円、大学生と高校生2160円、中学生以下1080円(いずれもサンタクロースの衣装代とプレゼント代を含む)。問い合わせは実行委事務局(電話070・4151・0345)へ。

写真説明:ポスターを手にサンタランをPRする実行委員

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ