こまやけん玉など300点 上田で「木のおもちゃ展」

2017/11/06 10:43
ODEK2017110600905101.jpg

 上田市上田原の上田創造館は、木製のおもちゃを展示した「木のおもちゃ展」を開いている。手に取って遊び、想像力を育んでもらおうと初めて企画。市内の工房から借りたパズルやけん玉など0~6歳児向けのおもちゃ約300点が並び、5日は親子連れらが楽しんだ。

 「色遊び独楽(こま)」は、こまを回すと表面に描かれた絵の色が混ざったように見える。赤と青の絵が描かれたこまは紫色になり、子どもたちは12種類あるこまを回して見比べた。象をかたどった木を組み合わせていろいろな形を作る積み木「象のサーカス」で遊んだ親子は、崩れないよう一つ一つ慎重に積み上げていた。

 初日の3日からの3連休で来場者は千人を超えたといい、同館の担当者は「子どもだけでなく、大人も意外と楽しめる。木のおもちゃが懐かしいと感じる年配の方もいるので、ぜひ遊びに来てほしい」と話している。

 19日まで。午前9時半~午後4時半。入場無料。

写真説明:夢中になって木のおもちゃで遊ぶ子どもたち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ