自然保護官補佐、風景捉えた写真 上高地で展示

2017/10/28 11:31
ODEK2017102800901101.jpg

 環境省長野自然環境事務所(長野市)管内の3国立公園(中部山岳、上信越高原、妙高戸隠連山)でパトロールなどをするアクティブレンジャー(自然保護官補佐)10人による写真展が、松本市安曇の上高地インフォメーションセンターで開かれている。昨年度、業務の合間に撮影した四季の風景40点が並ぶ。

 アクティブレンジャーは同省の非常勤職員。管内3国立公園では計10人が活動する。写真展には沼に浮かぶ外来種のスイレンや、愛らしい熊の顔のように見える木の幹などの作品を展示する。

 同省上高地自然保護官事務所(松本市安曇)の佐藤怜子(りょうこ)さん(31)は、近くのキャンプ場で黄金色に輝くカラマツなど3点を出展。「素晴らしい景色を楽しむとともに、自分たちの仕事についても知ってほしい」と話していた。

 30日までの午前8時〜午後4時。無料。

写真説明:アクティブレンジャーが業務の合間に撮影した作品が並ぶ写真展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ