人気の菓子でスイーツ 28日伊那の催しで販売

2017/10/26 10:18
ODEK2017102600900101.jpg

 伊那市と上伊那農協、伊那商工会議所の若手職員でつくる「イ〜ナちゃん応援隊」は25日、市内の菓子店、菓子庵石川と協力して作った新しいスイーツ「ちいずくっきいサンデー」を市内で発表した。同店の人気商品「ちいずくっきい」と上伊那産フルーツのジャムを主体に、アイスクリームや生クリーム、ナッツなどを組み合わせたスイーツ。28日に伊那市荒井のセントラルパークで開かれるハロウィーンイベントで販売する。

 応援隊は、異業種で連携して地域を活性化しようと2015年に結成。地元の素材を使ったスイーツを考案する「伊那谷スイーツプロジェクト」を展開する。まず子育て世代の女性が子どもと一緒に味わえるスイーツを―と地元の菓子を使って開発した。

 菓子庵石川の代表取締役の石川信頼(のぶより)さん(34)は「これまでにない食感。いい出来になった」と手応えを話す。主な素材を組み合わせるだけでできるため、自宅で作りやすいこともアピールする。

 ちいずくっきいサンデーは1個300円(税込み)で、200個限定。購入者が手作りする。イベントは午前10時〜午後3時。

写真説明:「ちいずくっきい」と上伊那産のジャムを使って開発した「ちいずくっきいサンデー」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ