「見る音楽」楽しんで 双子ユニット、佐久で14日ライブ

2017/10/13 11:21
ODEK2017101300893201.jpg

 佐久市出身の双子の音楽ユニット「ALLaNHiLLZ」(アランヒルズ)が14日、聴覚に障害がある人もない人も一緒に音楽を楽しむ催し「MUSIC CIRCLE(ミュージック・サークル)」を佐久市内で開く。手話パフォーマーで俳優の三浦剛さん(42)=東京=らを招待。三浦さんはアランヒルズらの演奏に合わせて、手話パフォーマンスを披露する。

 手話パフォーマンスは、聴覚障害者にも音楽が伝わるよう、手話だけでなく表情や全身で表現をする手法。リズムに合わせて動きをつけ、歌詞や語順なども伝える側が独自に解釈して、「目で見る音楽」を作り出すという。

 ミュージック・サークルは大阪や東京などでも行っており、佐久市は全国6カ所目。アランヒルズ、三浦さんのほか、三浦さんと共演する兄弟バンド「SOONERS」(スーナーズ)が出演する。

 当日はアランヒルズやスーナーズの曲に、三浦さんが手話を添える方法で進める。約2時間を予定しており、アランヒルズの井出匠さん(35)は「多くの人が良い表現、良い音楽に触れる機会にしたい。普段とは違うアランヒルズを見に来てほしい」と来場を呼び掛けている。

 会場は中込の「楽音酒家(らくおんしゅか) OASIS346」。入場券は前売りが2500円、当日が3千円。問い合わせは同店(電話090・5204・0312)へ。

写真説明:奈良県内で行われたライブで手話パフォーマンスを披露する三浦さん(中央)=8月

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ