上田城跡―松本城、50キロ走破 14日20カ所10時間以内

2017/10/03 11:03
ODEK2017100300887701.jpg

 松本市と上田市を結ぶ約50キロのコースを走破する「ウルトラオリエンテーリング」が14日、開かれる。古代の官道「東山道」沿いの目標地点を写真撮影しながら走り、スポーツと歴史を両方楽しんでもらう狙いで、昨年に続き2回目。5日まで参加者を募っている。

 ウルトラオリエンテーリングは、ゴールまでの速さを競うオリエンテーリング、ポイントを巡って得点を重ねるロゲイニング、通常のマラソンより長い距離を走るウルトラマラソンの要素を組み合わせたスポーツ。県オリエンテーリング協会が主催する。

 今回は昨年と逆のコースで、午前6時に上田市の上田城跡公園を出発し、松本市の松本城公園を目指す。地図を頼りに保福寺峠などの観光スポットや史跡など20カ所ほどを制限時間10時間以内で巡る。

 宿場町だった松本市保福寺町や、上田市の別所温泉では住民が軽食を振る舞うという。昨年は県内外から38組・60人が参加し、観光だけでなく人との触れ合いを含め幅広く楽しめた―と好評だった。

 参加は20歳以上が対象で、単独か2人組、3人組のいずれかを選ぶ。料金は総額で単独1万円、2人組1万4千円、3人組1万8千円。イベント事務局は「走る旅を楽しんでほしい」としている。問い合わせは事務局(電話080・1355・0375)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ