御岳山麓ゆっくり歩こう 10月1日王滝で「ウオーク」

2017/09/26 10:54
ODEK2017092600882801.jpg

 ウオーキング用のポールを手に木曽郡王滝村を歩く「おんたけ王滝村スピリチュアルウオーク」が10月1日、開かれる。2014年9月の御嶽山の噴火災害後、山頂まで登れない状況が続く中で、山麓をゆっくり歩いて魅力を感じてもらい、復興につなげる狙い。15年から開き3回目。

 王滝観光総合事務所や体験施設「おんたけ休暇村」を中心とする実行委員会の主催。スキーのストックに似たポールを手に歩く「ノルディックウオーク」の専門家らが歩き方を簡単に指導する。ポールを持たずに歩いてもいい。

 コースは、ともに松原スポーツ公園を発着点とする5キロと8キロを用意。5キロコースは比較的平たんで、8キロコースは御嶽神社里宮を通る。両コースとも天気が良ければ御嶽山を望める。ゴール後に豚汁の振る舞いなどもある。

 25日は、関係者がコースの草刈りをしたり、案内板を用意したりした。実行委事務局の国金正明さん(46)は「観光客が普段歩かない場所を見てもらういい機会だと思う」とPRしている。

 参加費は一般1500円、小中高校生1000円。ポールのレンタル代は500円。詳しくは王滝観光総合事務所(電話0264・48・2257)へ。

写真説明:「おんたけ王滝村スピリチュアルウオーク」に向けて案内板を準備する関係者

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ