草間弥生さん大規模特別展 松本で18年3~7月計画

2017/09/12 10:14

 松本市教委は11日、同市出身で昨年秋に文化勲章を受けた前衛美術家、草間弥生さん(88)の大規模な特別展覧会を、来年3〜7月に計画していると明らかにした。今年10月に東京新宿区に草間弥生美術館が開館することや、市美術館が今年で開館15周年となるのを記念して開く。会場は市美術館を予定。同館での草間さんの個展は2012年以来で通算4回目となる。

 この日の9月市議会一般質問で、市教委が説明した。同館によると、来年の特別展は、草間さんの作品約140点を展示した12年と同程度の大規模展を目指す。草間さんが長年取り組む「わが永遠の魂」シリーズを軸にする構想で、総事業費は3400万円余を見込んでいる。

 赤羽郁夫教育長は「世界を代表する天才芸術家が生まれた訳を、生誕の地松本で体感してもらえる展覧会を目指す」とし、「草間さんと十分に協議し、来場者の期待に応えて満足してもらえる展示にしたい」と述べた。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ