元「歌のお兄さん」歌謡ショー 16日、駒ケ根の病院祭

2017/09/05 10:06

 駒ケ根市の県立こころの医療センター駒ケ根は16日、病院祭「ここ駒祭」を開く。依存症や認知症治療について知ってもらう狙いで毎年開き、10回目。今年は昼の公開講座と夜の催しに分けて開き、催しでは薬物依存症者らの回復支援施設「長野ダルク」(上田市)で暮らす歌手の杉田光央(あきひろ)さんの歌謡ショーがある。

 杉田さんはNHKの元「歌のお兄さん」で、昨年、覚せい剤取締法違反で執行猶予付きの有罪判決を受けた。現在は長野ダルクで薬物依存症からの回復に取り組み、支援者の招きなどを受けてミニコンサートを開くなどしている。

 催しでは、県内産の食材を使った病院食の試食会もあり、担当者は「食事を楽しみにする入院患者は特に多い。治療に二の足を踏む依存症者も、入院したくなるような味で迎えたい」と話している。

 公開講座は「アルコール関連問題の早期発見・早期治療」がテーマ。同センターの樋掛忠彦院長や、センター独自の依存症回復プログラムに携わる臨床心理士、依存症に関する専門知識を持つ認定看護師が解説する。アルコール依存症患者の家族も参加し、回復までの苦労を振り返る。

 公開講座は午後2時半から、催しは午後5時から。ともに無料。公開講座は事前申し込みが必要。申し込み、問い合わせは同センター(電話0265・83・3181)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ