陶芸体験、器に描く恋模様 長野篠ノ井信里で企画

2017/09/05 10:03

 長野市篠ノ井の信里地区で10月15日、結婚支援の催し「秋の信里de陶芸コン」が開かれる。陶芸体験を通じて、真剣に結婚を考える人の出会いの場を提供しようと、地元の信里「赤い糸応援」実行委員会が企画。同地区内にある三つの陶芸工房が協力する。自然豊かな中山間地の同地区で、市街地の夜景を楽しんでもらい、地域の良さを発信する狙いもある。

 催し当日は午後1時までに篠ノ井公民館信里分館(長野市篠ノ井有旅(うたび))に集合。男女1対1で3分ずつのフリートークで打ち解けた後、「高津屋窯」「のんびり工房」「陶源郷有旅窯」の3カ所に分かれて陶芸体験をする。それぞれ作家の指導を受け、1時間ほど器作りに挑戦する。

 その後は再び1カ所に集まり、午後6時半まで陶芸窯で焼いたピザを食べたり、交流したりする。作った器は11月ごろ窯出しし、参加者に受け取りに来てもらうか郵送する。

 実行委は、同市篠ノ井地区住民自治協議会(自治協)を構成する信里地域委員会のメンバーが中心になってつくる組織。篠ノ井地区での婚活の催しは、2016年11月と今年5月に塩崎地区が実施し、計6組のカップルが成立したという。

 参加条件は30〜40代の男女。男性は市内に住んでいるか勤務している人、女性は住まいや勤務地は問わない。参加費は3千円(陶芸体験料を含む)。9月10日午前9時から各15人を先着で受け付け、定員になり次第締め切る。信里地域委員会のウェブサイトから申し込む。問い合わせは同委員会(電話050・3583・1112)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ