諏訪湖全国新作花火大会 9月2日会場周辺で交通規制

2017/08/31 10:13
ODEK2017083100868501.jpg

 諏訪署は9月2日、諏訪市の諏訪湖で開かれる第35回全国新作花火競技大会の会場周辺で交通規制をする。同署前から諏訪湖ヨットハーバーまでの湖岸線と湖岸通り3、4丁目は、午後5〜10時(一部は午後11時まで)に通行止めとなる。茅野市方面に向かう上川左岸の通勤バイパス(諏訪市道)の渋崎橋から新六斗橋までの間も、午後1〜8時に通行できなくなる。

 上川大橋から石舟渡までのさざなみロードは午後1〜10時に岡谷市方面へ、諏訪市上諏訪の県道諏訪白樺湖小諸線は午前6時〜午後10時に霧ケ峰方面へのそれぞれ一方通行となる。

 臨時駐車場は4カ所で、県諏訪合同庁舎、諏訪市役所、城南小学校は無料、ヨットハーバーは有料。さざなみロードは午後1〜9時、しんきん諏訪湖スタジアム側の車線だけ駐車可能となる。

 JR東日本は松本―富士見間を中心に午後8時から11時台の最終電車まで、定期、臨時を合わせて上り13本、下り15本を約10分間隔で運行する。上諏訪駅の通常の改札口は午後8時から上り専用となり、諏訪湖側に下り専用の臨時改札口を設ける。

 規制図は新作花火大会実行委員会ホームページで見ることができる。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ